News

HOME > ニュース > 募集・告知 > 文化部 第8回企画「旧岩崎邸見学と忘年…

募集・告知

文化部 第8回企画「旧岩崎邸見学と忘年会」参加者募集

2019/11/23

令和1年最後の文化部企画として旧岩崎邸見学と忘年会を開催いたしますのでご案内いたします。

「旧岩崎邸見学と忘年会」概要

【開催日時】 令和元年12月22日(日)
【集合場所】 JR上野駅 公園口改札口
【集合時間】 15:00
【旧岩崎邸見学】 15:30~17:00
【忘年会開始】 17:30~
【忘年会会場】 創作中華料理 鼎上記ディンシェンキンキ

東京都台東区上野4-4-5 上野c-roadBidg8F

【参加費用】 旧岩崎邸 個人負担

忘年会会費 4,000円 (食べ放題、飲み放題)

尚当日は天皇陛下即位の際に使用された高御座、御張台の無料見学が東京国立博物館で開催されます。当日は大変混雑が予想される為希望者のみ9:00に東京国立博物館前に集合して見学をしたいと思います。希望者は事務局に参加申し込みをしてください。

当日は現場で連絡が取れにくい場合がありますので現地での連絡窓口は文化部部長大崎(090-3137-4036)が担当いたします。

旧岩崎邸

旧岩崎邸は、・岩崎家の本邸として明治29年(1896)に東京下谷茅町(現台東区池之端)に創建された和洋併置式の邸宅です。

戦後、GHQに接収されるなどの歴史を経て、昭和36年(1961)には、洋館と撞球室が重要文化財に指定され、昭和44年(1969)には和館大広間と袖塀、そして平成11年(1999)には宅地、煉瓦塀も含めた邸宅全体とこれらを実測した実測図が重要文化財に指定されています。

現存する洋館や大広間(かつての和館の一部)などは三菱財閥の三代目である岩崎久彌が建築家ジョサイア・コンドルに設計させたものです。コンドルは旧岩崎邸の外、御茶ノ水のニコライ堂や港区の三井倶楽部を設計した人物で、弟子に東京駅や日本銀行を設計した辰野金吾がいます。

17世紀の英国ジャコビアン様式を基調としてルネサンスやイスラム様も採り入れた西洋木造建築で、明治時代の近代化に向けてひた走る往時の勢い盛んな財閥の壮大な邸宅の面影が今も残っています。

申込み 問い合わせ先

同窓会書記 横塚秀樹
電話番号:03-3813-7354(日本指圧専門学校)
E-mail:h.yokotsuka@shiatsu.ac.jp

主催

日本指圧専門学校同窓会文化部
会長 小林秋朝

photo by Seiji Enokido

photo by Seiji Enokido

photo by kaz*

photo by Yasuz @Tokyo

HOME > ニュース > 募集・告知 > 文化部 第8回企画「旧岩崎邸見学と忘年…
Scroll Up