News

HOME > ニュース > 募集・告知 > 文化部 第7回企画「江戸東京博物館」参…

募集・告知

文化部 第7回企画「江戸東京博物館」参加者募集

2019/7/14

江戸東京博物館のご案内

相撲の町、両国で江戸と東京の歴史、ちゃんこ鍋を味わいましょう。

博物館では特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」が開催されています

【開催日時】 令和元年7月28日(日)
【集合場所】 JR両国駅( JR総武本線)西口改札まえ
【集合時間】 10時30分
【昼食会場】 博物館見学後、13時半より両国のちゃんこ鍋料理屋にて会食
( 会場は追ってお知らせします)
【参加費】 江戸東京博物館 観覧料
・一般 1,280円
・専門学校性 780円
・65歳以上 640円会食費(ちゃんこ鍋コース)5,000円程度

江戸東京博物館

東京都江戸東京博物館は、江戸東京の歴史と文化をふりかえり、未来の都市と生活を考える場として平成5年(1993年)3月28日に開館しました。高床式の倉をイメージしたユニークな建物で、開館以来、東京を代表する観光スポットとして、多くのお客様にご来館いただいております。

常設展は、徳川家康が江戸に入府してから約400年間を中心に、江戸東京の歴史と文化を実物資料や復元模型等を用いて紹介しています。さらに、1階展示室で開催される年5~6回の特別展に加えて、講座や体験教室など様々な活動を展開しています。

東京の新しい文化創造の拠点として、また皆様の憩いの場として、大いに活用していただけることを願っています。(公式ホームページより)


江戸東京博物館

江戸のスポーツと東京オリンピック

いよいよ来年に迫った2020年東京オリンピック・パラリンピック。当館では、開幕の1年前の時期にあわせ、日本におけるスポーツとオリンピックの歴史をひもとく展覧会を開催いたします。

江戸時代の蹴鞠けまり、相撲、打毬だきゅうなどの伝統的な競技に関する絵画や道具類から、近代オリンピックで活躍した日本人選手の競技用具やメダルなど、多彩な資料を展示。江戸時代に行われていた伝統的な「スポーツ」を概観し、明治以降の近代スポーツの受容と流行からオリンピックへの参加、そして1964年東京オリンピックへの大会招致と開催に至るまでの歴史を紹介します。2020年東京オリンピック・パラリンピック大会の概要なども紹介し、東京で2度目の開催となる世界的スポーツの祭典への期待感を盛り上げていきます。(公式ホームページより)

申込み 問い合わせ先

同窓会書記 横塚秀樹
電話番号:03-3813-7354(日本指圧専門学校)
E-mail:h.yokotsuka@shiatsu.ac.jp

主催

日本指圧専門学校同窓会文化部
会長 小林秋朝

第6回企画「五月の鎌倉散策」リーフレット

同窓会文化部 第7回企画 江戸東京博物館リーフレット

HOME > ニュース > 募集・告知 > 文化部 第7回企画「江戸東京博物館」参…
Scroll Up